ゼオライト複合めっきについて

ゼオライトとは

結晶性アルミノケイ酸塩の総称で構造・組成は多種多様である
非常に吸着性に富み、天然のものと合成のものとがある
合成ゼオライトは細孔径、組成(シリカ:アルミナ比率)を変えることで吸着特性を変化させることが出来る

複合めっきとは
   不溶性の粒子をめっき液中に入れてめっき皮膜を作ると同時にその不溶性粒子を固着させる技術

ゼオライト複合めっきはゼオライトをニッケルめっきで固着させています
    高砂鐵工株式会社様との共同研究

断面写真     高砂鐵工株式会社様ご提供

写真のようにゼオライトが表面に露出しており、表面の特性はゼオライトの特性が反映される
ゼオライトの表面露出率は20〜30%となっておりゼオライトの特性が発揮しやすくなっている

表面の電子顕微鏡像
銀を担持させた時の銀の元素分布

ゼオライトの特性を利用して次のようなことに使用できます

応用1:
ゼオライトの細孔に香水を入れる→芳香めっき

応用2:
ゼオライトの細孔に銀を担持させる→抗菌めっき消臭めっき